【速報】オンラインカジノニュース

オンラインカジノを分かり易く比較! 2020年の入門編の最新版。初心者におすすめのカジノや、日本語対応、スマホ対応、ゲーム種類など、おすすめしたいカジノをご紹介します! あなたにぴったりのオンラインカジノが必ず見つかります!

オンラインカジノの税金ってどうなの?

オンラインカジノは、上手くいけば何千万円という高額賞金を獲得することも夢ではありません。そうなると心配になるのが、税金のこと。

実はギャンブルにも納税の義務があるって知ってました?パチンコで稼いだ金も、実は納税対象なんですよ(みんなしてませんが)。そんなギャンブルの中でも税務署が厳しくチェックしているのが『オンラインカジノ』なんです。そこで今回は、オンラインカジノに対する税金について解説していきます。

オンラインカジノの利益は一時所得扱い

まずは、オンラインカジノで得た利益はどのような所得扱いになるのか、というところから始めましょう。現状の法律でオンラインカジノの利益は『一時所得』となります。一時所得とは、以下のようなものがあてはまる所得のことです。

懸賞や福引などの賞金

競馬や競艇などのギャンブルによる払戻金

生命保険の一時金や損害保険の満期払戻金など

法人から贈与された金品など

ここから分かるように、オンラインカジノだけでなく競馬や競艇などのギャンブル類に関しても一時所得ですからね。しっかり納税の対象だったんです。

しかし、実際のところパチンコや競馬などのギャンブルで得たお金に対しての税金を納付することはありません。理由としては非常にシンプルで、『競馬やパチンコで勝ったお金は換金所で直接貰っているのでお金のデータが残らない』からです。中には、正直に納税している人がいるんです。

税務署は銀行を通してのお金の流れを確認して税金管理を行っています。そのため、銀行を通さない競馬やパチンコの払戻金は誰がいついくら得たのか分からないのです。実際、1年を通してパチンコでいくら勝ったかを記録している人は稀ですし。よって納税額の算出ができません。ただし、法律上では払う義務があり、現状見逃されているだけという点は覚えておきましょう。

オンラインカジノは納税しなくちゃいけないの?

「競馬やパチンコみたいなギャンブルの所得は納税しなくてもいいならオンラインカジノの所得も納税しなくてもいいよね!」と思うかもしれませんが、残念ながらオンラインカジノの場合は納税しなくてはいけない所得になってしまいます。

それは何故か?

オンラインカジノで得た所得は銀行を通して払い戻されるからです。ここが競馬やパチンコと大きく異なる部分となります。オンラインカジノは海外が運営しているため、直接金銭の受け取りができないので銀行を通すしかないのです。

そうすると、どうしても銀行に『誰がいついくら受け取った』という記録が残ります。それは結果的に、税務署側もお金の流れを確認できるということです。バレてるなら払わなくちゃ…という気持ちは良いことではありませんが、オンラインカジノで得た所得は納税するようにしましょう。

納税が免除されることもある

オンラインカジノで得た所得でも納税しなくてもいいという例外もあります。それが『オンラインカジノで得た所得が年間50万円未満』の場合です。この場合、申告する必要がないので納税する必要もないということになります。

一時所得の計算式は『一時所得=総収入-総支出-特別控除額(50万円まで)』です。もし50万円未満の場合は、特別控除額として控除されます。

ただし、注意点として『損失額は支出額に含まれない』という点を忘れないでくださいね。一時所得の計算に使えるのは『利益が出たタイミングのみ』です。たとえば以下のような場合。

・6月1日に10万使って100万返ってきたから利益は90万円

・6月2日は60万使って10万返ってきたから損失は50万円

もし年間にこれだけしかプレイしなかった場合、「90万円勝って50万円負けたのだから年間40万円の利益だ!だから納税義務はない!」と思われるかもしれません。しかし、6月2日は利益が出ていません。そのため、50万円の負けは支出額として使うことはできないのです。

そのため、年間の利益は6月1日の90万円となるので納税義務が発生してしまいます。この性質上、オンラインカジノは勝つたびに納税額が増えていくのです。

確定申告に必要な書類

確定申告には以下の書類が必要となりますので、申告時期が近付いてきたら出来るだけ早めに用意しておきましょう。

①源泉徴収票

企業に勤めている場合は、年末年始付近になると企業から渡されることが多いです。

②支払調書

こちらは年末年始付近に、オンラインカジノ側から渡されるものとなります。オンラインカジノ側に直接問い合わせることで受け取る方法もありますが、自分で収支明細をプリントアウトする方法、自分で記録した帳簿などでも受理されることもあります。

③経費の領収書

所得が300万円以下の場合は必要ありません。書類が用意できれば、あとは確定申告を記入して提出するだけで完了です。最初は難しく感じることもあります。税務署のホームページなどに記入の仕方も載っていますし、それでも分からない場合は直接税務署の方に行って職員の方と確認しながら記入していくと間違いがありませんよ

まとめ

意外とオンラインカジノで得た利益が納税対象になるって知らない人が多いのでは。それだけまだ日本にオンラインカジノが普及していないってことでもありますね。

オンラインカジノは納税すべきものだということを前提に、覚えておくべきポイントは3つ。『オンラインカジノの利益は一時所得になる』、『年間の利益が50万円未満の場合は納税義務がない』、『損失額は支出額に含まれない』です。しっかり頭に入れておいて下さいね

【速報】オンラインカジノニュース

オンラインカジノを分かり易く比較! 2020年の入門編の最新版。初心者におすすめのカジノや、日本語対応、スマホ対応、ゲーム種類など、おすすめしたいカジノをご紹介します! あなたにぴったりのオンラインカジノが必ず見つかります!